おいしいコーヒーに出会い、知ること。それは皆さまのライフスタイルをすこし豊かにし、そして幸せにします。そのお手伝いをするためにSANWA COFFEE WORKSは存在します。

コーヒーの味わいは生産地の栽培から消費地の抽出に至るまで、すべての工程で影響を及ぼします。おいしいコーヒーと一言で言っても、まずは農園の人たちのもとで長い年月をかけて育ち、収穫・精製・乾燥・脱穀・包装という工程を経て、生豆が船便などで日本に届きます。そして、わたしたちがハンドピック・焙煎し、皆さまへ提供します。それが”コーヒー”です。コーヒーの生産現場のことやおいしく飲むためのコツなど、すこしでもコーヒーのことを知っていただけるように、WEBMAGAZINE、SNS [instagram、facebook…etc] を通じて、コーヒーの基礎知識・最新情報を発信しています。コーヒーの事を理解していただくことは、1杯のコーヒーに関わっている人たちの取り組みや想いを理解していただくということです。少しでも多くの方にコーヒーのことを知って頂けるようにすることも私たちの大切な取り組みです。

コーヒー生豆の仕入れ、焙煎、抽出、ワークショップの開催やウェブマガジンの発行まで、コーヒーのすべてが詰まった場所が”SANWA COFFEE WORKS”です。



「From Seed To Cup(種からカップまで)」わたしたちが取り扱っているスペシャルティコーヒーは、前述した栽培の工程から最後のカップに至るすべての工程を明確に提示し、正しく管理された上で、ある一定以上のカップクオリティをクリアしたコーヒーのことです。1978年に生み出されたスペシャルティコーヒーの概念とともに”もっと良質なコーヒーを広めていこう”という考え方は世界中のコーヒーシーンを着実に変えてきました。これまでのコーヒーはブラックボックスの部分が非常に多い飲み物でした。どこの誰が栽培し、どのように焙煎しているのか。おいしいの価値基準も不明瞭でマーケティングの仕方でブランディングが形成されているものでした。

しかし、スペシャルティコーヒーは、どの農園の誰が生産したのか、生産されている農園の高度や周辺環境はどうか、生産国からどのように運ばれてきたのか、すべての情報がトレースできるようになっています。これまで何もわからず飲んでいたコーヒーが、スペシャルティコーヒーのおかげでさまざまな情報が付加されて飲むことができるようになったのです。次に大切なことは「スペシャルティコーヒーの価値基準は味わい」だということです。これまでの一般的なコーヒー(コモディティコーヒー)とは違います。スペシャルティコーヒーと呼ばれるコーヒーはトレーサビリティが可能であり、そしてある一定基準の味わい評価をクリアしているのが条件となります。それでは味わいをどのように評価するのか。一般的なコーヒー(コモディティコーヒー)はさまざまな地域や品種のコーヒーがごちゃまぜになった上で、豆の大きさなどによってコーヒーの価値が付けられてきました。しかし、スペシャルティコーヒーは地域を細分化し、ときには農園さんを限定し、コーヒーの品種も特定していきます。そうすることで味わいの特徴をより明瞭に感じ取ることができます。これまで均一化していたコーヒーの味わいが、非常に繊細で個性的なものになります。これをワインの評価方法を踏襲して作成された点数フォーム(SCAA、ACEが作成)により点数化し、その点数や国際資格を所有したカッパーのカッピングコメントなどから価格が決まっていきます。

良質な味わいのコーヒーを創り出すことができれば適正な価格で世界中のコーヒー消費国が購入してくれる。この事実はスペシャルティコーヒーの生産国でも広まりつつあり、コーヒーの栽培に注力してくださる農園が増えてきています。スペシャルティコーヒーによってコーヒー全体の味わいが向上すること、それはコーヒーカルチャー発展そのものであり、我々の望んでいることです。そんな世界各国のスペシャルティコーヒーを皆さまに届け、コーヒーの文化を更に発展させるための一翼を担いたいとおもっています。



“焙煎(=ROAST)”は、FROM SEED TO CUP(種からカップまで)というスペシャルティコーヒーを提供するプロセスの中の1つにしかすぎません。しかしながら、SANWACOFFEEWORKSでは焙煎というプロセスを大切にし最善を尽くしています。

到着した生豆の品質自体を向上させることは不可能です。生豆の品種、テロワール、生産処理、輸送方法などから素材の味わいを理解し、それを活かしたコーヒー豆に煎り上げることが焙煎士の仕事です。そのために日々さまざまな焙煎プロファイルを検証しています。投入温度、火力、ダンパー操作など煎り上げる工程の中でさまざまなことがフレーバーの質、ボディのきめ細かさ、アフターテイストで出したい味わいなどの創造に関わってきます。

サードウェーブを象徴する近年のスペシャルティコーヒーが持つ繊細な味わいを表現するためには高い焙煎技術が必要になります。なぜなら、生産農家の皆さまも同様に生産処理プロセスや輸送方法など1杯のコーヒーの味わいを少しでも向上するために新しい取り組みをしています。生産処理1つを取っても世界中で日夜研究が進められています。

その研究結果をお客さまに口頭で伝えるのではなく味わいで伝えなければならないのが、われわれの仕事です。それは本当に難しいことです。1杯のコーヒーの味わいを向上させ皆さまに感動していただくために、焙煎工程は責任を持って最高の状態で送り出す。それがSANWACOFFEEWORKSの焙煎に対する取り組みです。

© 2016 Sanwa Coffee Works. All Rights Reserved