AMERICAN PRESS

2017年5月16日 Akira Niidome

今回は最新の抽出器具アメリカンプレスのご紹介。
ルックスはもちろん、抽出器具としても面白いので色々なお店で見かけるようになりましたね。
エアロプレスは「特徴的にはフレンチプレスとペーパードリップの間くらい」と評されることがありますが、アメリカンプレスは「エアロプレスとフレンチプレスの間」というイメージかもしれません。

アメリカンプレスでの抽出方法


アメリカンプレスはざっくり分けると写真のような3つのパーツの構成になっています。
使用時はまずこの状態にして、ポッドにコーヒー粉を入れます。

挽き目は幅広く対応できますが、デフォルトはペーパードリップと同様か少し細挽きくらいで大丈夫です。
粉を詰めたらポッドをチャンバーにセットします。

次に容器にお湯を入れていきます。

補足:容器にある目盛りについて


容器には目盛りがついていて、スケールが無くてもだいたいの水量を測ることができます。一目盛りあたり2オンス。一番下の目盛りが4オンス、maxと書いている目盛りが14オンスになります。
1オンスは約30ccなので、1度に抽出できる最大容量は420ccくらいになりますね。


湯を入れたらチャンバーを容器にセットして押し込みます。

補足:蒸らし時間について


アメリカンプレスは「基本的には蒸らし不要」というスタンスの器具です。
ただ、豆の焙煎度合やコーヒー粉の挽き目によっては成分を充分に抽出するために蒸らし時間を取る場合があります。
その時は写真のように、粉を入れたポッド全体がお湯にちょうど浸かるくらいのポジションで少し時間を取ってから押し込んであげればOKです。


しっかりと下まで押し込めば抽出完了。

チャンバーを外さずそのままの状態でカップに注いでコーヒーを楽しむ、という感じです。簡単ですね。

抽出されたコーヒーは想像よりも随分クリアな印象でした。
味わいもソフト過ぎず尖り過ぎず、バランスの良いクオリティの高い抽出がしやすい器具だと思います。

アメリカンプレスのおすすめポイント

・デザイン
ルックス的なデザインもいいのですが、それ以上に「抽出の仕組みとルックスの組み合わせをデザインした製品」と考えると本当に素晴らしいとしか言えないです。

・安定した抽出クオリティ
抽出作業自体が簡単なため、タイミング的にも余裕を持ってレシピをなぞれること。ブレが介在するような作業がないこと。
その2点から、同じ抽出レシピであればほぼ同じクオリティで抽出ができるんじゃないかと思います。

・コーヒーに入る微粉が少ない

金属フィルターではありますが、すごく目が細かいので微粉の混入はかなり抑えられるようです。

・抽出完了までが早い
レシピ次第ではありますが、充分な粉の量で充分に圧が掛かれば抽出完了は本当に早いです。

アメリカンプレスのマイナスポイント

・後片付けの手間が大きい

これは最大のデメリットで、おそらく手動の抽出器具の中で一番面倒です。
「フレンチプレスのように粉が容器に残らないから後処理も楽」といった触れ込みもありますが、その粉はポッドに移動しただけなので洗う手間は減りません。むしろメッシュになっているため非常に洗いにくいです。
また、粉の詰まったポッドは手で開けるので、熱いままの状態では素手だと危険です。フィルター部分もきっちりと洗う必要がありますし、本体も細いので人によっては手を突っ込んで洗えないかもしれません。

・抽出一回につき最大420ccだが、連続抽出は難しい。
抽出最大量が420ccです。実際には粉が水分を吸うのでもう少し少なくなります。ですが、先に述べたように熱い状態では粉を取り出しにくいので、連続抽出には向かないです。

・高価
抽出のクオリティと同様に値段もややお高く、12,000+taxとなっていますデザインと味わいに優れているちょっと高価な器具ということで、個人的にはBALUMUDAと似たイメージです。


いかがでしたでしょうか。
初めてアメリカンプレスを見たときは、そのオシャレさよりも「これで淹れたコーヒーは美味しいだろうな」という印象が強く残りました。
実際に使ってみても、安定してクオリティの高い抽出が可能な器具だと言って間違いないと思います。
見た目もオシャレで使い方も簡単なうえドリップポッドも不要なので、ギフトとしても面白いかもしれません。
もし興味がおありでしたら本店に器具を置いていますので、手に取って見てみてくださいね。


Support Staff

新留享

Akira Niidome

姉妹店&COFFEE前店主   現在は広報や商品開発をメインにバックヤードでSanwaCoffeeWorksに従事



Latest Articles   最新記事

2017年5月16日 Akira Niidome

AMERICAN PRESS

今回は最新の抽出器具アメリカンプレスのご紹介。
ルックスはもちろん、抽出器具としても面白いので色々なお店で見かけるようになりましたね。

[… Read More]

2017年5月8日 Nishiwaki Jinya

キャンプのお供に

淡いピンク色の桜と目を眩ませるような真っ黄色の菜の花が咲き誇っていた、今月中旬の話。自転車仲間と共に、巾着田という名の河原でキャンプをしてきた。

[… Read More]

2017年3月23日 Akira Niidome

エアロプレスの使い方 -How to Aeropress-

今回はエアロプレスの使い方のご紹介。ちょっと扱い方に慣れが必要ですが、器具を倒さないようにとかその程度の話です。慣れればHARIOのドリッパーよりも簡単にクオリティの高いコーヒーを入れることができます。

[… Read More]

2017年3月9日 Akira Niidome

about “Aero Press”

今回記事で触れたいのはエアロプレス。手軽さという点ではやや疑問は残るるけれど、利便性も楽しみの幅もコーヒーの味わいも最高レベルの抽出方法です。アウトドアコーヒーにもオススメ。

[… Read More]

© 2017 Sanwa Coffee Works. All Rights Reserved