自然と香りのミスト

2016年12月15日 Nishiwaki Jinya

今年の秋は、実に天気が安定しない。もうそろそろ冬が来るなと、寒さへの身構えも不十分に、寒くなっては暑くなるの繰り返し。最終的にはコーヒーで体を温めたくなる季節がやってくるのだろうが、現時点ではそれはもう少し先の話。そう思っていたこの日も、Tシャツで過ごせる暖かい一日となった。外は快晴。どこかへコーヒーと共に出かけたい。気温を変えられないのなら、飲むシチュエーションを変えたらどうか? つまり、涼しさを感じられる環境に赴くのだ。絶好の場所が、家から自転車で20分のところにあるのを思い出した。国道を外れ、山間の緩やかな坂を上っていく。『滝』の入り口を示す看板が見えた。

 

_c5a6987

 

_c5a6870

 

この地に引っ越す前、家族と一度だけ来たことがある。それ以来訪れるのはこの日が初めてなので、約25年ぶりの再訪だ。その時見た風景は、残念ながら覚えていなかったが、なるほど、これがその滝か。ゴオゴオと音を立てるでもなく、かといって滝と呼ぶにはどうかと思うほどチョロチョロと流れるわけでもなく、落ちる水がせり出た岩肌にはっきりと白い筋を残し、辺り一帯をミストで覆っていた。登り坂でじんわりと汗をかいたが、これならコーヒーを飲みながらでもすぐに涼しめるだろう。そんな環境だった。

 

バッグから、お湯を入れた水筒とタンブラーを取り出す。このタンブラーはフレンチプレスを兼ねており、さらには豆が入る小さな容器を底に収納した優れもの。コーヒー豆をタンブラーに入れ、お湯をサッと注ぐ。まるで水面を打つ滝のように、お湯がコーヒー豆を叩きつけ、コーヒーの香りを含んだ湯気、つまりミストをフワッと立ち上らせる。コーヒーのミストが鼻先を温め、滝のミストが体を冷やす。温かさと涼しさの介在。なんだか今年の秋を表しているようだった。

 

_c5a6885

_c5a6895

_c5a6904

_c5a6909

 

出来上がったコーヒーを持って滝の近くに移動し、しばらく眺めてみることにした。体が冷えれば、コーヒーを一口すすれば良い。太陽だってまだまだ高い。何とも気が楽だ。

 

_c5a6944

_c5a6938

 

当然と言えば当然かもしれないが、水はしなやかだ。水の流れは合理的で、無理な方向には流れていかない。そしてそれ自体の形を自在に変えて、衝撃をいなす。絶え間ない流れの中で、その通り道を滑らかに作り上げていく。コーヒーも水と同じ液体だ。しかし、何も暖を取るためや喉を潤すためだけのものではないと思う。香りが脳を刺激し、雰囲気、ひいては小さな世界を生み出すからだ。水が岩肌にその通り道を描いて滝を作り上げたように。嗅覚、味覚、視覚、聴覚、感覚の五感をフルに使う、そんな贅沢な秋の昼下がりだった。


アウトドアコーヒーレクチャー&翻訳

西脇仁哉

Nishiwaki Jinya

プロマウンテンバイカー&翻訳家。海外マウンテンバイク雑誌などの翻訳をしながら本人もプロのマウンテンバイカー。昔からコーヒー好きで、アウトドアコーヒーに関する資材も多数所有。空気の澄んだところで飲むコーヒーは美味であり広めたい文化。



Latest Articles   最新記事

2017年2月20日 Akira Niidome

about “KENYA AA”

最もお気に入りのコーヒー豆の一つ、KENYA AA。ドリップレシピとケニアのコーヒー産業について簡単にご紹介。

[… Read More]

2017年2月14日 Nishiwaki Jinya

吐く息を呑み込む白銀の世界

コーヒーを淹れるのも、飲むのも、自分だけの世界だ。温かいコーヒーさえ持っていれば、この白銀世界をどこまでも歩いていける気がした。

[… Read More]

2017年1月11日 Kishimoto Yoriko

珈琲へのファーストインプレッション

デザインの仕事をしていて面白いのは、いろんな業界に詳しくなれることだと思う。デザインは常に自分×誰かのコラボレーション、ということ。しかも上部だけ知ればいいものじゃない。いろんな事を尋ねる。

[… Read More]

2016年12月30日 Kishimoto Yoriko

東南アジアでのコーヒーの思い出

私は旅行が好きだ。その時に経験した【東南アジア珈琲事情】。旅のはじまりはタイからだった。ご存知の通り、蒸し暑く行った経験のない人はタイの人が何を飲んでるのか知らないのかもしれない。

[… Read More]

© 2016 Sanwa Coffee Works. All Rights Reserved